下田島の控え室

CPAP終了のお知らせ

結論から言うと、扁桃腺手術の結果CPAPを終了し、軽度のマウスピースに変更できることとなった。(これまでの経緯は同じカテゴリの過去記事をご覧ください)

 

f:id:shimodajima:20190526224604p:image

 

扁桃腺手術後、先日改めて入院検査を行った。1泊2日で行う、いわゆるPSG検査というものだ。保険適用だが個室になるため差額ベット代含め3万。とほほ。

 

f:id:shimodajima:20190526224506p:image

センサーを全身につけて、睡眠の状態を調べる。センサーは痛くないが、結構違和感がある。CPAP使用前の検査を含め3回目だが、全然慣れない。

 

どうせ寝れないので眠剤をもらった。

 

ゴロゴロして気づいたら朝。

あまり寝れた感覚はなかったが、療法士さんによると寝ていたらしい。「多分マウスピースでいけるんじゃないかなー、私が見ていた限りでは」と話していたので安心した。

 

2週間後再度受診。

結果、無呼吸の数値は大幅に改善していた。

 

AHI(無呼吸低呼吸指数)は、CPAP使用前45だったのが13まで減少。30以上の重症レベルだったのが15以下の軽症レベルまで改善。

無呼吸は1時間あたり45回あったのが、なんと今回は0だった。

 

f:id:shimodajima:20190526224639p:image

 

AHIは5回以下で正常なので、何もしないのは無理だったが、マウスピースにできたことは大変嬉しい。これまで月一の診療は面倒だったし、CPAPのメンテナンスもだるかった。帰省や旅行先に機械を持っていくのも大変だったし、本当に良かった。マウスピースになれば、通院は歯の定期検診くらいで済むことになるし、外出の荷物も減る。

 

これから1カ月かけてマウスピースを作っていく。その様子などはまた記事にしたいと思う。

 

やはりセカンドオピニオンは大事だし、あの時勇気を持って行動できたのはとても良かったと自分を褒めたい。(笑)もし同じように悩んでいる方がいれば、一度他の医者に診てもらうことをおススメする。

 

最後に、これまで心配してくださった皆さんに、感謝をお伝えします。ありがとうございました。