下田島の控え室

感情的になったときにまずやること

f:id:shimdajima:20160427221827j:plain

 

 

こんにちは。

この記事をご覧になっている方は

とてもイライラしている方と思われます。

むしゃくしゃしてスマホにパンチしたら

画面が割れてしまった方もいると思います。

しもだじまーです。

 

 

●感情的になると人はどうなるか●

 

こんなとき、人は感情的になりがちです。

上司に怒られた時カッとなって・・・

同僚のぐちがひどすぎてイラッと・・・

最近鏡の水滴が・・・

 

感情的になると人はどうなるのでしょうか。

泣きたい・怒りたい色々あると思いますが

アドレナリンが活発になり、つまり

交感神経がよく働くようになるようです。

 

交感神経は適度に働いてもらうとよいのですが

活発になりすぎることで体にも感情にも

悪影響となります。

 

 

●落ち着くことができないのはなぜ●

 

そもそも、落ち着くことができないのは

なぜでしょう?

衝動的な行動に走ってしまったり

急に泣き出してしまったり

しかし、落ち着いて

自分を取り戻せる人も中にはいます。

 

この違いは、

「考え方」「とらえ方」に

大きな違いがあるそうです。

 

人は感情的になるとき、どうしても

その物事、出来事一点に目が向きがちです。

 

木を見て森を見ずの状態です。

 

その時に森を見て、

「ああこういうこともあるんだ」

「まあ仕方ない」

「こんな時もある」と考えられる人は、

感情を沈め落ち着くことができます。

 

感情に基づいて行動してしまう人はどうしても

物事や出来事から離れられないということです。

 

 

●まずは深呼吸●

 

f:id:shimdajima:20160427221848p:plain

 

じゃどうしても物事から離れられない人は

何もすることがないのか

というと、そんなことはありません。

まずやるべきことは「深呼吸」です。

ポイントは吐く息を長くすること。

1秒でも多く

「ふぅ」の時間を伸ばしましょう。

 

吐く息を長くすることで

感情的となる交感神経を落ち着かせ

リラックスのもととなる

副交感神経とのバランスを

体が図ってくれるそうです。

 

ぜひ、試してみてください。


今日は以上!