下田島の控え室

ジムの新規入会キャンペーンの問題点

f:id:shimodajima:20181024224513j:plain

 

24時間のスポーツジムに通っているのだが、時々「●周年記念」とか「運動の秋」みたいな、新規入会キャンペーンがたまにある。あれって、入会する人も通ってる人も色々問題点があると思ったのでまとめてみた。

 

1.人が増えてマシンが使えない

f:id:shimodajima:20181024224614j:plain

混む時間帯は満足にマシンが使えない。「こういうメニューでやりたい」と思っていても、なかなかマシンが空かないということも多くある。

 

2.トレーニング初心者がマシンやストレッチゾーンでスマホをいじっている

f:id:shimodajima:20181024224745j:plain

「インターバルでスマホをいじるのはいけないの?」という声があるが、スマホをいじっている時間はあっという間に過ぎるため、知らずうちに長くスペースを占有してしまうことになる。ついついSNSの返信をしているうちに、気づかずに居座り…なんてことは困る。

 

3.更衣室やシャワー室が混雑

f:id:shimodajima:20181024224817j:plain

混むのはマシンだけでない。更衣室やシャワー室も混雑する。24時間ジムは最低限の設備で運営されているので、ただでさえ混みやすいのだ。先日とあるジムでは混雑時にシャワー室の清掃をしていたので呆れた。

 

せっかくやる気を出してジムに入会した人も、あまり使い勝手が悪いと続かないだろう。継続している人は他店に通うのもいいかもしれないが、他店でもキャンペーンが始まると、また同じ問題が出てくる。

 

解決方法として、入場時の時間帯による割引や、キャンペーン人数の制限、ジム入会時のルール説明などがある。現状ではキャンペーンはサービスの改悪になっていることも多そうなので、対策を行ってほしいと思う。

 

もちろん他社のジムのキャンペーンに対抗しなければならないとか、利益を上げていく必要があるとか理由はあると思うが、利便性が著しく低下するのはとても残念である。

 

f:id:shimodajima:20181024224537j:plain