下田島の控え室

扁桃腺手術日記 2日目

f:id:shimodajima:20181104044747j:plain

<入院2日目・手術当日>

禁飲食のため、朝から何も食べられなかった。お昼に親が付き添いに来た。世間話をして過ごしていると、13時からの手術が夕方に延期になった。前の患者さんの手術が伸びたためだそうで、総合病院ではよくあるそうだ。

 

手術までは少し緊張はしていたものの、話をしていたのであまりつらくなかった。

 

17時頃に声がかかり、手術室へ移動。そこで麻酔がかかる。「少しずつ眠くなりますからねー」と言われた後は覚えていない。

 

ここからが恐怖の始まりだった。

f:id:shimodajima:20181104044828j:plain

気づいたら、病室で少し息苦しい状態だった。先生がとった扁桃を見せてきたけど、ぼやぼやしていてあまり見えなかった。3時間は安静ということで、そのままベッドで寝る。

 

血が少し出るということだったので、ティッシュをベッドの横に置いておいた。外に出さないと血が胃で固まってしまうとのことだったので、ずっとベッドでペッペとティッシュに出していた。

 

しかし、なかなか血が止まらない。吐く血がずっと真っ赤だったのだ。3時間後、少し歩けるようになり、トイレに行った後も血が止まらない。

 

夜の0時くらいに、どうしても血が止まらないため、処置室に連れていかれた。傷口を緊急で縫い付けることに。

部分麻酔で行うのだが、麻酔はシューっていう霧状のものでサッと行うだけ。そしてなんだか気持ち悪い。

 

f:id:shimodajima:20181104052110j:plain

舌を押さえつけて縫い付けを行うのだが、その押さえつけるものがハンマ―の先みたいな形をした器具で、その器具でおさえられるとめちゃくちゃ気持ち悪くなる。

 

気づいた時には、血の塊をはいていた。レバーみたいな形をしていた。どうやら、血を吐き出せと言われていたものの、ある程度の血が胃で固まっていたようだ。

 

おえーって吐いて、縫って、吐いて、縫っての繰り返し。気絶しそうな時間が続いていた。

 

2時くらいにようやく血が止まって、横になった。

f:id:shimodajima:20181104044924j:plain