下田島の控え室

便利なサイクルシェアと暴走自転車

f:id:shimodajima:20190625213622j:plain

最近流行っているのが「サイクルシェア」だ。都内の複数の業者の中で、一番使い勝手がいいのは、ドコモのバイクシェアだろう。

 

 

ドコモのサイクルシェアで快適生活!?

ドコモのバイクシェア(サイクルシェア)は、区内の複数のポート(拠点)からICカードを使ってレンタルできる。ポートがたくさんあり、近場の利用だけでなく遠距離の移動も可能なため、かなり利便性は高い。

 

料金もかなり良心的だ。特に月額会員はお得。月2,000円で、30分以内なら何度乗っても無料(もちろん電動自転車)。通勤もできるし、近所の行動範囲も広がるはずだ。

 

「クーポンが使える店だけど、遠くて行けなかった」「散歩してみたい道があるけど、そこまで電車で行くのが面倒」などなど、バイクシェアで解消できることはいっぱいある。そもそも、普段自転車を持っていない人なら、そんな悩みを抱えていないだろうが、自転車が近くにあるだけで、かなり生活の利便が高まり、視野が広がると思う。普段行かないピザ屋に行ったり、通ったことのない道を走るだけでワクワクした。

 

自転車を処分し、しばらく乗っていなかった筆者。実際にサイクルシェアを使ってみて、近くに自転車が無くて困ったことは何度かあったが、それ以外はあまり不便を感じていない。そもそもポートがたくさんあるから、少し歩けば利用できることがほとんどだ。パンクしている自転車が放置されていたり、充電切れの自転車が多かったりすることは今後の課題だろう。

 

f:id:shimodajima:20190709201033j:plain

暴走自転車 VS 自動車 VS 歩行者

自動車を運転していると、自転車はマジで邪魔者にしか見えないが、自転車に乗ってみるとやはり便利だ。

 

ただし、今週の週刊SPA!で取り上げられた「暴走するUber Eats」にもあるように、自転車のマナーに困っている車の運転手や歩行者は多い。自転車は基本、車道の左側を走る、歩道を走るときは歩行者優先でスピードを出しすぎない、など当たり前のことを気をつければ、もっと迷惑にならないとは思う。

 

自転車側の言い分として、自動車が邪魔で車道を通れないというものがある。駐車している自動車だけでなく、道路の一番左レーンで車が寄りすぎて、自転車が通れないパターン。あれはかなり嫌だね。巻き込み防止なのかもしれないが、逆に自転車が隣のレーンに飛び出して事故…なんてことにもなりかねない。自転車でレーンを移るときは、後ろをしっかり確認しよう。

 

自転車に乗るうえで大切なのは「誰も自分自身を警戒していないつもりで走ること」だ。当たり前だが、車の運転手、歩行者は視界に入った時点で自転車を認識・警戒するのだ。自転車は目に見えやすい位置を走ったり、急に割り込んだりしないなどの工夫をするべきだ。

 

お説教ぽくなってしまいました。ちなみに、自転車は車道を走るときは車の信号、歩道を走るときは歩行者用の信号を確認して走る決まりになっているそうだ(歩行者信号に自転車・歩行者専用と書かれていれば、そちらに従う)。もし暴走自転車がいたら気をつけて。